色々やってみる日記

粘土フィギュアの製作ログ、うつや不安症の話、論文執筆やResearch Studentのあれこれについて。

オタ活の挑戦 - 漫画レビュー

【長文注意】千空だっておぱんつ要員だったかもしれない。

一連の少年漫画におけるホモソーシャリティとジェンダー表象に関して、誰に向けたわけでもないけど、自分の考えがいくつかあるなと思ったので記録しておく。当然どれも暫定的な意見です。 考え始める直接的なきっかけになったのは、読者登録してた人が書いた…

80年代〜90年代の少女漫画はなんであんなに骨太なんだろうね?【色褪せない名作:樹なつみ編】

9今週のお題 樹なつみ作品の好きなところ ハードなオリジナル設定に、繊細な内面描写 伏線の張り方がお見事! わいの好きな樹なつみ作品ランキング 一位:『花咲ける青少年』全12巻 OR 文庫全6巻 同率一位:『デーモン聖典(サクリード)』全11巻 OR 文庫全6…

夢を追うマンガ (文化系) をたくさん読んだのでレビューする【前編:ましろのおと、3月のライオン、この音とまれ!】

津軽三味線マンガの『ましろのおと』(1)〜(23) あらすじ 主人公の澤村雪(せつ、高校生)は、津軽三味線の名人を祖父に持ち、幼い頃から兄(若菜ちゃん、老け顔の19歳)と三味線を習ってきた。師である祖父の逝去をきっかけに、これからどうやって自分の音と…