色々やってみる日記

粘土フィギュアの製作ログ、うつや不安症の話、論文執筆やResearch Studentのあれこれについて。

なつかしいね、ファンロード。

このウイングさんを描いててすごい既視感が。

 

f:id:up-phd:20191113234105p:plain

 

なにかと思ったら、わたし小学生の頃、今はなき『ファンロード』という雑誌の読者だった。姉が買ってくるファンロード・・・ほぼ9割くらいが読者投稿で占められていて、みなさんが当時ハマっていた作品のイラストを描いたりして投稿する雑誌だったのだけれど。

 

わたくしは今も昔もイラストなんて描けない民。ただ有名絵師さんたちのイラストを眺めるのみだった・・・そう、今月の見たいもの&見せましょうに出会うまでは。

 

今月の見たいもの&見せましょうは「既存の漫画の1ページを使って、他作品のパロディ漫画を作る」というコーナーだった。小学生の頃のわたしは、50円の官製はがきを買っては

 

ながいけん先生の『神聖モテモテ王国』の1ページを使って『HunterxHunter』のパロディ漫画を描く。

 

f:id:up-phd:20191114004344p:plain

 

そんな子供だったことを、唐突に思い出したという話よ。

 

でもさすがそこはファンロード。わたしのながいけんHunterxHunterは一度も採用されることなく、わたしはファンロードを卒業してしまった。

 

 

・・・お笑い芸人の麒麟さんがKBS京都でやってた「金曜生です麒麟です」というラジオはハガキ4回くらい読んでもらったことあるんだけどね??(謎の負け惜しみ)

 

 

懐かしいね、ファンロード。

 

PixivもTwitterもなかった時代、有名絵師=ファンロード常連くらいのノリありませんでした??

 

懐かしいね・・・