色々やってみる日記

粘土フィギュアの製作ログ、うつや不安症の話、論文執筆やResearch Studentのあれこれについて。

【粘土でフィギュアを作るのさ】ニューファンドで佐条を作る【vol.2:お顔と腰】

 

佐条の顔の進捗:目の位置がほぼ決まる。

顔は放置すると言っていたのに、朝から顔ばっかりいじってしまった。まずはエラにニューファンドを継ぎ足し、頬の部分を口・こめかみ・エラでトライアングルを作るようにヤスリました。写真のシャーペンマーキングが見づらいので図解をご用意。

 

f:id:up-phd:20191117004238j:plainf:id:up-phd:20191116231534p:plain


この三角を削ると、顔の奥行きが良い感じに出るような気がするのです(ホンマか?)。あとデコの鉢が出過ぎていたので、そこもヤスリました。昨日から引き続き、P120と書いてある激荒の紙やすりを使用。粉がすごいので、あたいの顔の下半身にタオルを巻いています。

 

気に入ってなかった口もほぼ全部削り取りました。で、鉛筆のマーキングが見えなくなるように顔全体をヤスリヤスリ。

 

真っ白なキャンバスになったので、改めてお顔を書き込み。こんな感じになりました。

 

f:id:up-phd:20191117004405j:plain

なんか草壁の言動に驚いてるお顔。

f:id:up-phd:20191117004535j:plain

 

なんか昨日よりだいぶ良いのでは。目が上手に描けた気がしますぞ。う〜ん、もういっそこの位置でお目目を決定してしまいたい!だが、どうやって目を削ればいいのだ?ここで登場するんがデザインナイフというやつなんか??できたら目は描き込むんじゃなく掘り込みたいのよ(絵が描けない人間なので、後で描き込むのでは顔が似ないと思う)。

 

 

 

佐条の体の進捗:お尻と腰が生える。

体の方は、昨日作った足をお尻と腰に連結させました。何かしっかり形をイメージして作った、というよりかは、足の位置を固定させるためにとりあえず股関節を用意した感じ。

 

f:id:up-phd:20191117004637j:plain

 

こうやって写真でみると、倒れている方の足がもっと外側から生えててもよかったのね。りょ、りょ。インダストリアルクレイを両脇に置いているのは、足の形を固定するためです。

 

おそらく間違いだらけの作り方は、四角い消しゴムのような塊に、足をぶっ刺しただけ。将来的にはこの消しゴムの奥半分の上に上半身が乗っかる予定です。

 

f:id:up-phd:20191116233030p:plain

 

体は顔以上に経験値がなく、手探り AND 手探り。先に全身を完成させようと思って足を胴体にくっつけてしまったけど、ズボンはどうやって履かせればいいのかしらね??足クロスなので、難しそうよ。全身ができてから適当な部分で切断するのかな?

 

ニューファンドの良いところはやり直しが効くところ。

これは本当に良いっス!扱いづらい粘土だけど、失敗したらヤスってまた盛れば良いというのは気持ちが楽。水を含んだニューファンド自体が接着もしてくれるので、接着剤要らず。特に体はどうなっていくのか予測もつきませんが、納得するまで修正して作って行きたいと思いま〜 d=(^o^)=b

 

とりあえず目の細かい紙やすりと、デザインナイフのゲットが先決だな。引きこもりには自宅からトラムで10分のショッピングモールが遠いけど、これはお外に出なさいというフィギュア神からの啓示に違いないぜ・・・!