色々やってみる日記

粘土フィギュアの製作ログ、うつや不安症の話、論文執筆やResearch Studentのあれこれについて。

ニューファンド佐条の肉付けがだいたい終わった【vol.5、石粉粘土でフィギュア作り】

今年も性懲りも無くやってきよった12月が、2/3を過ぎようとしているらしいです。わいの許可もなく。みなさまどのようにお過ごしでしょうか?私の心は漆黒に染まり上がりながらも、フィギュアはちまちま進めておりました。もはや現実逃避に近いですが、アップデートです(^^)

 

 

 

上半身に肉付け。

前回これくらいまで作ったところでした。

 

f:id:up-phd:20191205195647j:plain

 

ここからまずは上半身に着手。

 

f:id:up-phd:20191215060551j:plain

 

意識したことは、なで肩。絵から察するに、佐条くんはものすごくなで肩のはずだ。怒り肩家系なので「未知のなで肩」への戸惑いを感じながらも、派手に下げてやったさ!!やりすぎ?言うな言うな!(脳みそ夫)

 

同級生はあまり脱ぐようなシーンがないので、具体的な裸体の造りはgetty imagesでパーツごとに検索して作りました(肩甲骨、とか首、とか)。膨大な数の構図があってびっくりです。

www.gettyimages.co.jp

 

そして背中側。お尻と肩甲骨を意識して粘土を足していく。粘土が柔らかいうちは下向けにできないので、自転車整備よろしくひっくり返して乾かす。

 

f:id:up-phd:20191215035100j:plain

 

よく分かってないのはお腹。自分の腹には鏡餅があるので参考にならんのじゃ。ほっそい人間の座ってる時の腹周りがどうなってるのかがわからんちんどもとっちめちん(一休さん)。皮だけちょっとシワが寄っているような感じ?あんまり良い写真資料にも出会ってないんだよなぁ。 

 

 

 

足先と指先を作る。

肉付けを始めたあたりからだいぶ投げやりになってきてて(だって今月は12月(◞‸ლ)ohhhhh)。足先と指先、あんまり考え込まずに作った。

 

f:id:up-phd:20191219211120p:plain

 

足で意識したのは「サイズを大きく!」することくらい。足っていうのは意外とでかいんだ。フィギュアの顔とサイズを比べながら作った。ディテールは乾いてからヤスろう。

 

明日美子先生の絵は、手に結構特徴がある(大きめ、指長め、筋っぽさ、関節大きめ)……!それを知ってはいるんだけど、もうとりあえず適当に(だって今月は12月(◞‸ლ)ohhhhh)。片手ずつ作って、指先を組み合わせて、乾かしただけ。現状はほぼミッ◯ーさんですな。

 

f:id:up-phd:20191219211042p:plain

 

もう少し先生の絵を意識できるかどうかは、乾いてから考えよう。

 

今回の完成図はこんな感じ。

いちおう指先が完成したことで、全体像がだいぶ見えてきた。

 

f:id:up-phd:20191219211036p:plainf:id:up-phd:20191219211222p:plain

※ちなみに背景の薄いマクビティは美味しくないです。普通のマクビティの方が美味しい。

 

腕が長すぎるので切る。鎖骨周辺を削る(首元の構造むずかしひ)。そういう調整が済めば、いよいよ服なのかしら??腕を上半身にくっつける前にズボンを履かせなくちゃだ。

 

ずーっと室内のイメージで作ってきたけど、姉と話してて「やっぱり制服も良いね」という話に。似てないフィギュアだから、余計に記号は大事だと思ったり(見慣れすぎて、自分では似てる似てないがわからんちんどもとっちめry)。制服にするなら、ズボンは真ん中に折り目がきっちり入っているのが良いですよね。くみさんがアイロンしてくれた制服を着せよう。