色々やってみる日記

粘土フィギュアの製作ログ、うつや不安症の話、論文執筆やResearch Studentのあれこれについて。

10ヶ月ぶりにシャバに出た。【暴露療法シリーズ③】

f:id:up-phd:20200127122030j:plain

 

 

朝10:30に起きてパーッとシャワーを浴びて、今日はこの10ヶ月で初めてザットタウン(家の最寄駅)から外に出ました。バスに乗ろうとしてゼェゼェゼェゼェして、嗚咽。

 

Facebookの時も思ったけど、わたしが近寄っていなかっただけで、このバスも、この路線も、大学も、この10ヶ月間変わらず存在していたんだね。パニックアタックが来るかと思ったけど、大丈夫だった。一度乗ってしまったら、「バスに乗る」というアイデアよりも実際に乗ってしまう方が幾分か楽だと感じた。

 

それから大学の学生課へ。入る前に大きなコーヒーを購入。店のお姉ちゃんがノリノリの接客で笑う。こっちの日向の世界は、住人みんな幸せそうだ。バスに乗った瞬間から、一瞬の例外もなくずっと死にそう。でも学生課に入る。優しいボランティアのお姉ちゃんがDisability supportという障害支援のデスクの場所を教えてくれた。向かって、事情をかいつまんで説明。すぐに相談に乗ってもらえるかと思ったら、アポイントメント制でいちばん早く取れるアポが23日の2時からだったのでお願いする。そうか、外界の事情はわたしの都合だけでは動かないのだ。

 

ここからメールをチェックするか(デスクで一緒に見てもらおうと思っていた)、何をするかと考えて、精神科医にアポイントメントを取りに行くことに。ヘルスセンターは大学から徒歩10分ほど。普段、会ってたのが水・木・金のどれかだったから不在かな?と思った。案の定だれもいない。ヘルスセンターのソファに座って、泣きながらメール原案を作成する。いろんなメールが届いていると思うので、一律返信できるような、「こっちの事情はこうでした、これをお願いしたいです」という内容を書く。鼻水がダラダラ流れる……。

 

 

 

メールを書いていて、うつもだいぶ良くなったけど、結局2015年以降の自分はずーっとinsaneだったんだなと思った。自分の通っている大学に入れない。自分の指導教官に連絡できない。自分をアシストするはずの学生課に脅されているような気がする。大丈夫っていうのは「身動き一つできないときに比べて回復した」という意味であって、元どおりになったというわけでは全くなかったんだな、と。こう見えて、こちらに来て最初の1年ちょいは精神が健常だったから、普通に大学に通って、普通に指導教官にフィードバックをもらって、普通に学生課に質問メールを送ってた。でもこの4年はその普通が何ひとつできなくなっていた。これは一体どこの故障なんだろう?

 

メール原案を保存して、今から何をしようか検討。ほんとうはメール見た方がいいのかと思いつつ、昨日から「死にたいー生きたい」「できないーできる」「大丈夫じゃないー大丈夫」という相反する思考に翻弄されてて、今日もう一回エンジンを入れるのは……と、メールに添付予定の、世界から隔離されている間に書いていた博論のドラフトを見直し始める。ちらちら暇つぶしにツイッターで博士やポスドクのアライさんをフォローし始める。

 

ヘルスセンターに着いたのがPM3時前で、この時にはもうPM6時くらい。外は大雨。帰る気も失せるけど、頑張って雨の中を歩く。めちゃくちゃ寒い。相変わらずゼェゼェしてたし、体びっちょびちょで物理的に悲しかったけど、なんとか8時ごろに家につく。ハァ。でもすごいはすごい。外出ができた。勇気を出して、学生課にもいけた。あとはメールだけだ。そのメールが本丸だけど、それでも確実に前進してる。この10ヶ月間、なんどもなんどもなんどもなんどもやろうとしてできなかったことを、大晦日のExposure以来、やっている。やり方が正しい暴露療法は、不安の壁を壊すのにいちばん効果があるのかもしれない。今は今で辛いけど、あんなに不可能だと思っていたことができたんだ。わいが人生に望む「勇敢でありたい」という目標に向かって進んでいて、えらい。ACTにはずっと助けられている(CBTと違って、ACTのマインドフルネスは紙やペンが要らないから便利)。

 

昨日とち狂って、もう死のうかと(実行予定はないけど)いう考えが頭をよぎったときに、ふと昔登録した海外大学院のスレを思い出した。PhD anxiety depression とか入れると、このフォーラムのスレが出て来たりする。初めて、書き込んでみた。今こういう状況なんだけど、どうしたらいいと思う?って。優しい返答が2つも来ていた。しかも両方ともとても参考になりそうなもの。赤の他人の悩みに時間を割いてくれる人がいるんだ。感動。優しいね。今日はコーヒー屋の姉ちゃんが明るかったし、学生課の人が2人とも優しかったし、「こうも雨だとやんなっちゃうね!」って話しかけて来たおじさんは「Have a nice evening!」って言ってくれた。やらなきゃいけない課題はまだ山積みだけど、明日も生きていくつかはやろう。

 

次にやるべきことは、

  1. 部屋の掃除(21日午前か今夜)
  2. シーツの洗濯(21日朝)
  3. 本丸メールチェック(どうしても無理なら23日に)
  4. 本丸メールに返信(どうしても無理なら23日に)
  5. ドラフトの最終見直し(本丸メールチェックまでに)
  6. 精神科アポ(23日がいちばん確実)
  7. 23日の障害支援デスクとのミーティング(23日)
  8. 必要があれば学生ユニオンへの連絡(本丸メールを見次第ー23日)
  9. プライベートメールの内容チェック(あした締め切りの案件がひとつあったはず:21日午前)
  10. 倫理へのレポート提出が2月15日まで。
  11. そして副次的に、インフォーマントへの連絡と(2月中)
  12. 必要関係者へのお伺い(2月中)

 

明日から1週間、母と姉が応援に来てくれる。予想以上にバタバタしそうで遊べないかもしれないけど、たくさんお尻を叩いてもらって、なんとか前に進めて行こう。バランスは忘れずに、遊ぶ日も作ろう。明日メール頑張れたら、明後日は1日遊びの日にできるかもしれない。