色々やってみる日記

粘土フィギュアの製作ログ、うつや不安症の話、論文執筆やResearch Studentのあれこれについて。

全豪オープンにグランドパス当日券でふらっと行ってきました【前編】

このブログ読者であるみなさまはご存知と思いますが、私は不安障害を患っております。2020年の1月は、10ヶ月間の逃避の果てにようやく暴露療法を始めたことで、アップダウンがジェットコースター並の月でした。

 

1月19日には生まれて初めてのじさつがんぼうを覚えたり、その翌日20日には10ヶ月ぶりにF市の外側に出ることに成功した私なんですが、

 【参照】生まれて初めて、ほんとうの自殺願望があたまのなかにいる。 - 色々やってみる日記

 【参照】10ヶ月ぶりにシャバに出た。【暴露療法シリーズ③】 - 色々やってみる日記

 

なんですが。

 

 

 

なぜかその二日後には全豪オープンに居てた。

 

f:id:up-phd:20200208212630j:plain

f:id:up-phd:20200208212901p:plain

 

 

一体私はなぜ全豪オープンに居たのか?電波少年のようにアイマスクとヘッドフォンでいきなり連れ去られたのか?

 

 

違います。

 

 

10ヶ月間、メールが見れず、携帯が触れず、F市より外に外出もできなかった私。このままでは海外でミイラになってしまうのではないかと 危惧した母と姉が、

 

 

待ってな、助けに行ってやんよ。

 

 

と、私のレスキューのためにサムウェアー県(仮)に来たのであります。

 

 

私はてっきり、母と姉は私の不安障害が原因のこう着状態をなんとかするために来てくれたんだと思っていたんですが……

 

 

母と姉の初日の言葉は

 

 

f:id:up-phd:20200128171135p:plainのび太!全豪オープン行こうず!

 

 

おめーのことはちゃんと応援してやっから、とりあえず遊ぼうぜーーー。そんな言葉を受けて、わいたちは初めての全豪オープン(予備知識ゼロ、なんなら私はテニスのルールすら知らない)に出かけて行ったのでした。

 

 

先に言っておくと、

めちゃくちゃ楽しかったです。

 

 

一番の理由は、コートが想像してたよりずっと小さかったから。

 

 

「高校の先輩の試合か?」っていうくらい近くで、トップアスリートの試合を見れたことに感動しました。普段アイドルのコンサートとか行く人からすると、この近さは神すぎると思う。

 

注意

 

お役立ち情報というよりは、ただの日記でお送りします。

 

 

 

 

全豪オープンに入場するまでの流れ

当日券はふらっと思いつきで買える

私は全然知らなかったんですが、実は全豪オープンというのは「ふらっと市民プールにやってきた」くらいのノリで行ける大会でした。今回初めて知ったんですが、どうやら全豪オープンにはチケットが2種類あるご様子。

 

ひとつはスタジアムチケットと呼ばれる指定席のチケット。『ロッド・レーバーアリーナ』と『マーガレット・コートアリーナ』という2つのメインアリーナは、この指定席チケットがないと入れません。有名選手の試合はだいたいこの2つのどちらかで行われていて、私が行った22日は大坂なおみ選手、ジョコビッチ選手、フェデラー選手の試合がこのメインスタジアムで行われていました。

 

もうひとつはグランドパスと呼ばれる当日入場券で、このチケットがあれば『ロッド・レーバーアリーナ』と『マーガレット・コートアリーナ』以外の場所で行われている全ての試合を観戦することができます。ちなみに全席自由席。

 

Google検索で「全豪オープン」と入れると、その日に行われる試合の時間、カード、コートが全て出てきます。ふむふむ、どうやら『ロッドレーバー』と『マーガレットコート』以外でもいっぱい試合してる!あ、このマリン・チリッチっていう選手わいでも知ってるくらい有名やけど、グランドパスで観戦できるんや!へー!!

 

そんな風にうっすい下準備をしつつ、わいらは特にお目当ての選手等がいないので、のんびり午後2時半くらいに会場を目指しました(おせぇ)。

 

f:id:up-phd:20200204210603p:plain

 

ポイント

全豪オープンのチケットには、指定席のスタジアムチケットと、当日にふらっと買えるグランドパスの2種類があるよ!グランドパスも事前にウェブサイトで購入することも可能だ。

 

 

 

会場への行き方

まずはフリンダース駅(Flinders)という有名な駅に向かいます。東京で言うところの山手線の主要駅みたいなターミナル駅。

 

f:id:up-phd:20200208215107j:plain

Photo by Weyne Yew on Unsplash 

 

フリンダーズから下車すると、車道を挟んだ向かい側にフェデレーションスクエア(Federation Square)という広場があります。全豪オープン開催中は、ここが会場に向かう第一ステップみたいな感じになっています。

 

f:id:up-phd:20200210222040j:plain

fedsquare.com

 

毎日試合がライブ中継され、無料で遊べる「テニスポールのUFOキャッチャー」があったり、無料でもらえるGarnierの試供品があったり、無料で飲めるコーヒーがあったり。またここにグッズ売り場とチケット売り場のテントも出ていました。

 

f:id:up-phd:20200208212014j:plain

ここで無料のガニエのヘアパックや顔パックをもらい、

 

f:id:up-phd:20200210222331j:plain

ボールゲットのために、何回でも並び直していいUFOキャッチャーをループして、

 

f:id:up-phd:20200210222124j:plain

無料のコーシーを飲み、

 

f:id:up-phd:20200210222200j:plain

試合のライブ中継を見るだけでも楽しい。
 

 

チケット売り場の前にはスタッフさんが立っていたので、チケットの買い方や会場への行き方を質問することに。

 

 

f:id:up-phd:20200208210205p:plainわいら全豪オープン初めてなんやけど、チケットってここで買ったらええんすか?

 

ここで買えまっせ〜。会場で買うよりFederation Squareの方が混んでないと思いますわ。あ、でもここのチケットはお支払いカードのみですねん。

 

 

ということで、わいのカード(現地の銀行カード)でチケットを購入。私の記憶が正しければ、大人1枚54ドルか56ドルくらいだったはず。レート80円として、4300円くらい。待機列はほとんどありませんでした(映画館のチケット列くらいの混み具合)。

 

f:id:up-phd:20200210222635j:plain

あ、54ドルですね。 

 

f:id:up-phd:20200128171135p:plainほんで、こっから会場ってどう行くんでっか?

f:id:up-phd:20200208220139p:plainあんたらの足元にブルーの人工芝がひいてありますやろ?(多分、テニスコートと同じ素材?)この芝の上をずーっと歩いて行ったら、すぐ会場ですわ!10分くらいかな!

 

ポイント

 

フリンダーズ駅⇨フェデレーションスクエアに行けば、会場のメルボルンパークにたどり着けるよ。無料のイベント等が開催されているよ!

 

 

指示通り、人工芝の道のりを進みます。もう正午をすぎていたからか、人通りはあるんだけれど混雑はしてなかった。

 

10分ほど歩くと(体感時間は5分くらい)、目の前に青い関門所のようなゲートが登場した!これが入り口なのか??写真を撮り忘れたから、わいの下手な絵で許してくれ。

 

f:id:up-phd:20200208224051p:plain

 

にわかに信じがたいほど青いゲートがあって、その前で軽い手荷物チェックと金属探知機チェックがありました。ここでも待機列はほぼゼロ。駅の改札くらいのスピードで通り抜けられた。

 

 

〜青いトンネルを抜けると、そこは全豪オープンだった〜

 

注意

 

チケット販売所やセキュリティゲートの混雑度合いはおそらく日程に寄ると思いますので、「この日はそうだったのね」程度の参考にしていただけたら幸いです。

 

 

余談:ベンジェリのアイス

完全に余談ですが、わいらはフリンダーズで下車してフェデレーションスクエアに向かう前に、フリンダーズから徒歩5分のベンジェリに行きました💕1年以上ぶりに、念願のアイスサンデーを食べながら会場に向かいました。そんな寄り道もおすすめです。

 

f:id:up-phd:20200208234233p:plain

f:id:up-phd:20191007035624p:plain

 

そして余談の余談だけど、全豪オープンに出かけているあいだも不安の身体症状は出ていました。ふいに早く大きくなる心臓のテンポを抑えるために胸に手を当てて、大丈夫大丈夫とつぶやいて、不安がせり上がってきたらマインドフルネスを行って。そういうコントロールはしながらも、母と姉が連れ出してくれたおかげで、楽しい一日を過ごすことができたのでした。

 

中編へ続く。

up-phd.hatenablog.com