色々やってみる日記

粘土フィギュアの製作ログ、うつや不安症の話、論文執筆やResearch Studentのあれこれについて。

石粉粘土ニューファンドで、競走馬のフィギュアを作る【だいたいの原型が出来上がるところまで①】

こんにちは(^-^) とてもお久しぶりにブログを書いてみようと思います。

 

私事ですが、2020年から競馬が好きになりました。アーモンドアイの史上初芝G19勝や、デアリングタクト&コントレイルの牝馬牡馬同時の無敗三冠、クロノジェネシスの春秋グランプリ制覇、ソダシの白毛馬初のG1優勝など、本当に2020年はレジェンダリーな一年でした。

 

(競馬に興味を持ち始めたのがコロナ禍になってからだったからレース=抽選というイメージがあるけれど、2020年以前はG1だって自由に見に行けたんだよなぁ……すごい世界線があったもんだ。)

 

競走馬かわいいかっこいいすごいの気持ちが高まり、久しぶりに粘土遊びを始めたので、お尻叩きがてら進捗をアップして行こうと思います。動画内の武将さまみたいに上手に作れるといいのですが(^-^)

 

www.youtube.com

 

 

 

お材料とかツールとか。

使用する粘土は石粉粘土のニューファンド。600円くらいの粘土で、今回のお馬ちゃんだと一袋の半量くらいでできるかな。空気乾燥でカチカチに乾いてしまうので、保存する時は一袋を8等分くらいにして、少しだけ水を塗って、ラップで小包装したのちにジップロックに入れて保管しています。

 

 

製作過程で使うのは、ヘラとデザインナイフと紙ヤスリ。わたしのデザインナイフはDAISO。紙ヤスリもDAISO。ヘラはシェアハウスの冷蔵庫の裏から出てきた遺失物を使っております(持ち主が現れず、わいのものに)。造形師の大山さんは、こちらのヘラをオススメしてました。

 

 

サーフェイサーは、わいはスプレー缶を使う設備がないので、筆塗り。「クレオスMr.サーフェイサー1000(ビンタイプ)」ちゅうやつを「クレオスMr.うすめ液」で溶いた液体を筆でまんべんなく塗っていきます。割合は適当ですが、1:1くらい?すぐに乾くので、2〜3回塗り重ねる(あんまり厚く塗るとディティールが埋まっちゃうので注意)。筆は中学校の時の美術の筆です。サーフェイサーを塗ると筆までバリバリに固まってしまうけど、うすめ液で洗うと落ちます。

 

 

 

 

 

サラブレッドのフィギュアを作る(大まかな原型作り) 

まずはいつも通りに資料集めから。ネット上でイメージに合うような馬の写真を収集して、evernoteに貼り付けておく。は〜どの子もかわいい。amazonにあった競走馬のフィギュアは静止しているものが多かったので、走っている瞬間を作りたいな〜と。

 

DAY1

特に算段はなかったが、なんとなく脚から作ろうと決めていた。まずは骨(?)を作り、乾かす。

 

f:id:up-phd:20210303092449j:plain

 

DAY2

骨が乾いたので、脚の肉付けをする。(下の写真、後脚が逆向きでした。失敬。)

 

f:id:up-phd:20210303092621j:plain

 

DAY3

脚の肉付けをもっと進める。前胸と腿〜臀部くらいまで。馬っぽくなってきて、テンションが上がる。

 

f:id:up-phd:20210303093449j:plain


DAY4

前脚パーツと後脚パーツをくっつけ、一気に胴体を作る。気に入らなければ後からいくらでも修正できるので、とにかく大きな形を作ることに専念。まず、こんな感じに。なんか、粘土でできているというよりは蘇でできているみたい。

 

f:id:up-phd:20210303094622j:plain

 

DAY5

この日はひたすら修正。修正したい部分をデザインナイフや紙やすりで削って、粘土を盛り直して形成の繰り返し。口を馬銜を噛んでいる感じにして、おでこを出して、下膨れにして、鼻を広げて、胸にももっと筋肉をつけて…… なかなか良いのでは??

 

f:id:up-phd:20210303095019j:plain

 

しかし、そこで止めておけばいいのに、「なんだか顔の厚みや角度が違う気がする……」と手を加えまくった。結果、アグモンになってしまった!!仕方がないので、この日はアグモンのまま一晩置いておくことに。

 

f:id:up-phd:20210303095541j:plain

 

DAY6

気を取り直して再び修正。一度サーフェイサーを塗ってみて、足りないところに再び粘土を盛る。追加の粘土がなかなかサーフェイサーに食いつかなかくて、リサーチしてたら、他の方のブログに「サーフェイサーの上から粘土を盛り足すときは、ナイフやヤスリで傷をつけてからくっつけると食いつきがいい」とのアドバイスを発見。

 

次からはそうしよう。

 

目をちゃんと作る。お馬さんって、結構目が出てるんですな。目が外に出っ張っているから、正面から見たときにダイヤ型っぽくなっているんだなと。美人になってきた気がする。

 

f:id:up-phd:20210303102820j:plain

f:id:up-phd:20210303103108j:plain

 

DAY7

サーフェイサーを塗り直して、一応大まかな原型は完成!(ここからまだまだ表面処理とか微調整が待っている)。

 

f:id:up-phd:20210303104237j:plain

f:id:up-phd:20210303133655p:plain

f:id:up-phd:20210303133719p:plain

f:id:up-phd:20210303104348j:plain

f:id:up-phd:20210303225148p:plain

これから先。

この子は(なんて名前の競走馬にしよう?)ここからは分割して作業を進めていくことにしました。どこで分割したら良いのやら分からず、とりあえず真っ二つにしたは良いものの、それ以来完全に作業の手が止まっております。頑張って、3月中には完成させたいなという感じです。たてがみと尻尾でもっと疾走感が出ると良いな。大阪杯は、完成した状態で一緒に見たいものです……(^-^)!。оО(コントレイル、グランアレグリア、サリオス、レイパパレの出走が決定!アツ過ぎるッッ!)